消費者金融とカードローンの比較

現代人は、何かと出費が発生し、急な出費に対応する為に、金融機関や金融会社などからお金を借りる事があります。
融資サービスには、消費者金融審査甘い会社や信販会社などが貸し出すキャッシングと銀行や信用金庫が貸し出すカードローンが存在しており、これらの違いを理解しておけば、有効に融資サービスを活用する事が出来ます。
消費者金融会社のキャッシングは、貸金業法の下で貸金業務が行えるようになって実現した個人向けの融資サービスとなっています。
近年、貸金業法が改正されて、総量規制という仕組みが導入されています。
この仕組みは、限度額の総額が年収の3分の1までしか設定出来ないというものであり、消費者金融会社や信販会社が提供している融資サービスを使っている契約者は、総量規制を常に意識してサービスを使う必要があります。
銀行などが提供しているカードローンは、総量規制が無く、キャッシングと同様に限度額まで何度でも融資を受けられるようになっています。
どちらの融資サービスを使うのかは利用者の用途によって違いますが、使用用途はどちらも業務用途で使わないのであれば、制限がありませんので、様々なお金の使い方に対応出来ます。
返済方法は、どちらの融資サービスも残高スライドリボルビング方式を採用しており、一括返済や分割返済が出来るようになっています。
リボルビングによる分割返済は、毎月利息がかかってくる事になりますので、カードローンやキャッシングを問わずに利息が低い所を選ぶ事が大切です。